MPM化合物とは

VBについて
使用事例
VB取り扱い

MPM化合物:多くの細菌に対する抗菌活性および抗ウイルス活性を有する組成物を目的として、特定の細菌に対する抗菌活性を有する化合物や抗ウイルス活性を有する化合物を配合。

通常であれば、複数配合により化合物同士が反応し、各化合物の活性効果が阻害される事が多いなか、特定の金属酸化物クラスター化合物・抗生物質・抗菌剤を選択し化合物同士が反応せずに阻害されず、扱いやすい水溶液としても非常に安定をして5つの化合物が効果を発揮し、100℃程の高温でも比較的安定する。人体に対して肌荒れ等を起こさない安全性の高い化合物であり、水溶液化した事でおしぼりの製造工程にも簡単に、安価に含有させられる。

※MPM(ポリ酸)…金属酸化物クラスター物質

Bookmark the permalink.